05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

第66話 ついに・・・ の巻。

2007/08/30
ついにやりました。
ついにやってくれました。
ついにかわいい後輩たちがやってくれました。

インカレ予選突破です。

470級は3位、Snipe級は4位で、インカレ団体戦本戦(11月1~4日@琵琶湖)への切符を獲得しました。

この日をどんなに待ちわびていたことでしょう。

5年前は、19Rを走るので精一杯でした。
4年前は、東尋坊の藻くずと消えました。
3年前は、台風16号の前に歯が立ちませんでした。
2年前は、自分が主将でありながら何のドラマも起こせずに負けていきました。
去年は、OBとして初めての予選。1つ下の後輩たちは見事に散っていきました。

そして今年。本戦が地元開催で出場枠が4つあるとはいえ、そこをばっちり取ってくるのはたいしたもんです。

しかも470級に関しては、京都産業大学を破っての堂々3位です。
最終レースの大逆転劇には相当興奮しました。

たった1レースで逆転しなければいけないという、プレッシャーのかかったレースであの走りができるチームはたいしたもんです。本当に強いチームです、本当にいいチームです。感動しました。

団体戦はジュリーを断って、コーチボートに乗って本当に正解でした。
470リーダーの金谷がコーチボートに帰ってきたときの、あの顔は忘れられません。サングラス越しでもその目にあふれる涙がわかりました。

祝勝会では、お恥ずかしながら現役よりも泣いてしまいしました(現役よりもうれしかったからです)。

思えば、うれし泣きって初めてかもしれません。
帰ってから自分のフルセイル(ヨット部卒業文集)を読み返してみたら、「後輩諸君の目標達成に私も1枚噛めたら、どんなにうれしいことだろう」と書いてありました。
まさか、こんなにもうれしいとは。
今までの僕の人生のなかで、一番うれしいかもしれません。自分は当事者でもないのに不思議なもんです。

琵琶湖にもはめられました。こんな経験だれもができることではないです。

勝利(正確には勝利ではないんですが)に対して、みんなで本気で喜びを分かち合える。
それが部活です。
それがヨットです。
それが団体戦です。

現役諸君は、これからの2ヶ月、だれることなく練習を続けてください。予選直前の緊張感を保ったままでいてください。ここまできたら一気に入賞まで駆け抜けてしまいましょう。

でも、まずはこの2ヶ月を楽しんでください!この2ヶ月は未知の領域です。最近では誰も経験したことのない2ヶ月です。
僕も楽しみます。

IMGP4762.jpg

IMGP4764.jpg

IMGP47950.jpg

00:50 ヨット | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
おめでとう!!
昔、福岡でヨットのルールを説明してくれたときの
神谷くんの瞳の輝きを思い出しました。
なんか私も嬉しくなる。
いい二ヶ月にしてください。
ありがとう、キミちゃん!
懐かしいなぁ、あれは2005年の全日インカレ個人戦だったかな。
頑張ります。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。