FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

第33話 プロダクトデザイナーへの道(4週目)の巻。

2006/06/02
〈デッサン〉球

見えたものを見えたまま描くのではなく、時には捏造も必要だということを悟りました
グラデーションの使い方がちょっとわかった気がしました。
左上がH、左下がHB、右が4B。
「ハイライト(一番明るい部分)の位置をもうちょっと円の中心側にもってくるとなお立体感が出る」らしい、よ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈レンダリング〉はさみ

やっとプロダクトらしきものが出てきました
1作目。
IMGP2592.jpg
鉛筆で線をつなげて形を出して行くデッサンと、サインペンで1本1本丁寧に描いて行くレンダリングとの違いに戸惑いを隠しきれてない俺。
サインペンなんで、線を1本ミスると露骨にばればれです。
いちいち緊張します。
息を止めて、一気に引かないと、線がふにゃふにゃ大臣になります。
サインペンで描いた後、マーカー(無彩色のみ)で光と影を入れ立体感を出します。


10作目。
IMGP2591.jpg
10個も同じ物を描いてりゃそれなりに描けるようになるようです。
初めのうちは描くたびに約2倍ずつうまくなっていくんで、わりと楽しい。

デッサンよりレンダリングの方が好きです、僕は。
01:13 プロダクトデザイナーへの道 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
確かに、デッサンは時間かかるし、手黒くなるし、何か変やけどもう戻れん。みたいな感じで、
カラフルで、ササッとリアルに描けるレンダリングの方が花形やな(>ω<)

上手い人ってなんであんなに半端ないんやろね?やっぱ、描けば描くほどの世界なんかね~(-ω-)

ところで、貴方には絵心あると思ってたんやけど、水着の女性の描写が…女性にうるさい貴方とは思えない(´Д`)

女性にはうるさいけど、絵は好きではないよ、昔から。美術の時間とか嫌いやったし。
しかし、絵の描けないデザイナーは苦しいだろうと思って、嫌いながらも修行しております。
昔から絵を描くのが好きだったあなたがうらやましいよ。

あの与えられた水着(下)の大きさからして、水着(上)は明らかに紙からはみ出すが、それじゃつまらんので、無理矢理紙の中に入れたら、えらくお尻の大きな女性になってしまった。
小尻派の俺としては納得のいかない女だ。
そんなときこそ一点透視図法じゃないか?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。